糖尿病の症状を把握しておくといち早く病気に気づける

医者と看護師

最新のがん治療

病院

近年のがん治療で最も注目を集めているのがNK療法という治療法です。NK療法とは、人間の体の中にある免疫細胞の力を高めることで治療を行うというものです。NKとは、ナチュラルキラー細胞を略したものです。このナチュラルキラー細胞は、人間の体に侵入してきたあらゆる細菌から体を守ってくれる働きがあります。この細胞が発見されたのは1970年代ごろであると言われています。以前だと人間の体を病原体などから守るには、その病原体に対抗する抗体というのを体内に作り出すことが必要と考えられていました。その抗体を作るために薬剤などを投与して治療に臨むことが一般的となっていました。しかし薬剤の投与で治療を行うと副作用に悩まされることが問題となっており、辛い治療内容に耐えられないと嘆く人はたくさんいました。そういった問題を解消してくれる画期的な治療法として今高い注目を集めているのがこのNK療法であるといえるのです。

NK療法は体の細胞を強くしていくことで、病気を治療していく方法です。免疫力を高めることでがんにも負けない強い体を作り出すことができるのです。今までの辛い薬剤療法とは違い、体への負担も少ないところが利点となっています。薬物療法では、副作用で髪の毛が抜け落ちたり嘔吐などといった辛い症状に悩まされている人は多かったことでしょう。しかし、この治療法だともう辛い副作用に悩まされることもなく、体への余計な負担も与える必要もないので非常に画期的な治療法であるといえるのです。NK療法の具体的な治療の流れとしては、まず患者から適量の血液を採りそこに培養技術で刺激を与えていきます。刺激を与えた血液は約2週間もの間、無菌状態で保管されます。その間に実に数億ほどの数のNK細胞が繁殖していくという仕組みとなっています。細胞の繁殖に成功したら、食塩水で溶かしてまた患者の体内に戻していくといった流れになります。このような方法を用いて、体内にナチュラルキラー細胞を増殖させていき、がんにも負けない高い免疫力を作っていくのです。